秋吉台国際芸術村をゲソの手に取り戻そう

17分74秒2008-06-24 10:39:33

かつて現代音楽の聖地として君臨るはずの秋吉台国際芸術村が失われて十数年

さあ、ハイ・カルチャーと海外の潮流の名の下かの地を下劣な連中から取り戻す方法を考えようではないか!

1257分74秒2010-08-12 23:36:30

>>1

ない

47分74秒2008-06-24 16:43:40

取り戻すのは良いが絶対細川無しに限る。

67分74秒2008-06-24 20:31:44

音大の作曲科卒ならば無料で参加できて音が出せるそれぞれが発表できる講習会になれば良いと思う。

117分74秒2008-06-25 16:12:51

武生も細川を完全に追い出して第二秋吉台にしようよ!

137分74秒2008-06-25 23:11:04

第2の細川が出るだけだってことがいつまでもわからないゲソオタの悲しさよ

177分74秒2008-06-26 22:04:42

>>13

そしてどいつにも最高学府の准教授が後ろに控えてる

167分74秒2008-06-26 21:51:24

>>11 >>13 >>15

細川さんについてはいろいろ言われてるけど、ドイツの現代音楽マフィアとか、

広島レクイエムについて新聞に原爆を利用した記事書いたとかさ。

それはそれで非難する意見があっていいけど、若手の評価についても

やっぱダメなの?

贔屓にした若手は、まったく納得がいなかいとか、あんのかい?

なんでか、ちょっと教えてくれないか?

607分74秒2008-07-04 18:57:36

>>16

>若手の評価についても やっぱダメなの?

そのレスの「案外まし」にいくらか共感していたが、

こないだのN今日の原田はめちゃくちゃひどかった。

こんなもんが舞台に上がっていることの方が危機感あったよ。

深度と強度?・・・笑っちゃったよ。ゼロだもん。

247分74秒2008-06-27 18:09:30

現代音楽に投資しない企業たちは「馬鹿の極地」であるぞ!

267分74秒2008-06-27 18:15:46

>>16

若手・・・たしかに細川より案外マシ。「マシ」な程度でいいかは別。

>>24

細川的な作曲家が絶滅するまで、誰も出さないのがいい。

マジでそう思う。

287分74秒2008-06-27 22:18:14

>>26

>細川的な作曲家が絶滅するまで、誰も出さないのがいい。

>マジでそう思う。

激しく同意します。

ただ一時の勢いは無いようだね。

放っておいても影響力は無くなっていくと思うので、

もうしばらく様子を見るのが良いと思います。

447分74秒2008-06-29 14:41:06

最近の若いのは、企画のプレゼンどころか、レクチャー募集あっても行かないのか・・・・

とほほほ・・・

企画のプレゼンは、まぁ事務所がやるとしても、レクチャーには積極的に行くくらいの

気概がないと。

そんなことでは秋吉台奪還してもねぇ・・・

507分74秒2008-06-30 06:22:38

石井真木や篠原眞のほうが遥かに優れている。

日本的な質は桁違いに良い!

なぜ放送局が彼らに飛びつかなくて、

細川に行くのかはスキャンダルというわ話題性がないからだ!

欧米のマスコミもどうしても質よりもスキャンダルにとても弱い!

547分74秒2008-07-01 17:21:01

いつもおんなじ、秋吉台に行く気しなくなった。

557分74秒2008-07-02 04:17:05

>>54

武生も同じような状態だな。

627分74秒2008-07-04 19:34:40

>>60

意見としてきいておこう。渋いは渋いとおもた。ゼロとはおもわんかた。

1047分74秒2008-08-03 09:22:49

>>60

今日、「現代の音楽 −N響のミュージック・トゥモロー2008−」で

例の原田さんの曲放送されるね。

「オーケストラのためのエコー・モンタージュ」 原田敬子・作曲

(15分40秒)

(管弦楽)NHK交響楽団

(指揮)ジャン・ドロワイエ

そんなに内容の無い曲なのか聴いて見ようみんな!

707分74秒2008-07-05 07:31:01

まだ秋吉台秋吉台言ってんのか

過去の遺物なんて捨てろよいまほり

757分74秒2008-07-06 05:25:18

演奏順に、

Robin Hoffmann: “Schorf” (2007-2008) für Orchester はベートーヴェンの『コリオン』序曲で陳腐に始まる面白くなさそうな音楽であるが、

傾向はロルフ・リームのどろどろした音楽をそのまま追及している。

最後に何回かトスカニーニのプローべ風景がテープで流れるが、

素材的に新しく、手法的にまったく新鮮ではない。

地元フランクフルトで教えている。約18分。

James Clarke: Klavierkonzert “Untitled No.2” はドローン風の伴奏を下敷きとした音の細かい協奏曲。

ドイツの音楽と違ってイギリス現代音楽はバートウィッスル以降ほとんど極端な特殊奏法がないのをそのまま引き継いでいる。

こういう雰囲気ってどこか芸大アカデミズムを思い起こさせる。

したがって特に新しいものはまったくない。約35分。

休憩はシュトックハウゼンの「シュテンムンク」の解説。

故本人のインタビュー付。

Isabel Mundry: “Zeichnungen” (2005/2006) für Streichquartett und Orchester – rev. Neufassungは細かく緻密にスコアリングされているのだが、

いろいろな音が完全に混ざりきっているので、

どこをとっても同じ音がする相変わらず新発見どころか新鮮味も何もない音楽。

地元出身なので必ず委嘱を入れるのはヘッセン放送のいつものやり方。 約13分。

Iannis Xenakis: “Jonchaies” für Orchesterはさすがに巨匠の作品。どこをとっても異論なしの偉大な作品。約18分。

767分74秒2008-07-06 05:33:44

>>75

クセナキスのジョンシェだけ聴きたいな。

これのライブって日本では放送しないだろが、あっちではするの?

放送したらニコニコかYOUつべにうPきぼんぬ。

817分74秒2008-07-08 20:32:45

「日本の作曲、昔日の栄光今いずこ」になってしまうと、

「何で金が出るんだ」にしか関心がなくなるのは止むを得ない。

>>76

じょんしぇは、昔、NHK-FMで放送しちゃったみたいだな(またすればいいだけだが)。

知人が初演のテープ?を持ってた。それを見たのも昔のことだな。

807分74秒2008-07-08 18:04:39

秋吉台しか金が出ないのであろう。

東京ばっかりは確かに良くない。

同時に青森でやってもいいし、沖縄でやってもいいし、大分でやってもいいし。

そのための土台となる音大がない、オケがない、オペラがない、図書館がない、放送がない、

出版社がない、放送してくれる放送がない、企業の献金がない、専門の評論家がない、住んでいる作曲家がいない、

それを研究する音楽学者がいない、それを書いてくれる新聞社がない、音楽雑誌もない、

現代音楽専門をオルガニゼーションしそれを研究する研究所もない、そういうことを考える政治家も存在しない。

ダルムシュタットはそういう基礎がちゃんとできているかフランクフルトなどが近くにある。

受講生や講師もシュトットガルトやフライブルク、ケルンなどから集まりやすい。

ウイーンからもパリからもロンドンからもミラノからも飛行機でフランクフルトまで一時間、

アメリカやブラジルからは8時間、ロシアからも数時間、豚飯だけど交通の便利も良い。

ちゃんとしたコンサートホールは全く要らない。

荒れた高校のボロボロの教室と体育館でよい。

そういう余分なお金は一切かけない。

それでいて金をかけるのは曲を初演するときだけ。

アルディティには一人一回40万のギャラをきちんと払う。

そういうシステムにして始めてダルムシュタット・秋吉台となる。

847分74秒2008-07-09 11:12:22

>>80

なるほど。

今やっているかどうかしらないが、昔、会津西方の廃校を中心にいろいろな表現者が集まって

泊まりがけでコンサート?やる会があった。

著名な人がいたかどうかしらないけれど、アジア、ヨーロッパ、アメリカとかいろいろな国の人間がきていて楽しかったよ。

元体育館とか元校庭とか使って芝居やったり、パフォーマンスやったり………

学術的な部分とか無かったけれどね。

957分74秒2008-07-27 06:36:58

秋吉台・武生とも国が補助してる方法ないのかな。

¥35000に宿泊費に食費と交通費・・・・・高くつきすぎ。

967分74秒2008-07-27 06:39:22

>>95

補助してくれる方法

訂正

987分74秒2008-07-27 16:22:05

国はアニマルに決まってんだから、サントリーに頼んでみる。

1027分74秒2008-07-30 08:31:57

>>98

欧州はエレガントな奴隷搾取制度で高度な文化国を維持してますってとこか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする