【個体群生態学】ドイツの自然保護区に生息する飛行昆虫 過去30年間で急激に減少 約30年で4分の1以下に

1白夜φ ★2017-10-20 00:28:56

独自然保護区の昆虫、約30年で4分の1以下に 研究

2017年10月19日 12:55 発信地:マイアミ/米国

【10月19日 AFP】ドイツの自然保護区に生息する飛行昆虫が過去30年間で急激に減少しているとの研究結果が18日、発表された。農業用殺虫剤がその原因となっている可能性があるという。

欧米でチョウやハナバチが姿を消していることはこれまでに多くの文献で報告されているが、米科学誌「プロスワン(PLoS ONE)」に発表された今回の研究論文では、1989年以降にドイツ全域で飛行昆虫が4分の1以下にまで減少したことが初めて明らかになった。

昆虫は重要な花粉媒介者であるだけでなく、鳥やその他の小動物の餌となって食物連鎖の中核を担っていることから、研究チームは懸念を示している。

論文の主執筆者で、オランダ・ラドバウド大学(Radboud University)のハンス・デ・クローン(Hans de Kroon)氏は「飛行昆虫がこれほど広いエリアで、これほど急速なペースで減少しているという事実は、よりいっそう憂慮すべき事態」と述べている。

研究チームは今回の研究で、63の自然保護区で昆虫を採集するために粘着トラップを使用し、バイオマス(生物量)を測定、その変化を長期にわたって記録した。

調査の結果、過去27年間で平均76%の減少が認められることが分かった。減少の割合が最も高かったのは夏季の82%だった。

— 引用ここまで 全文は引用元参照 —

▽引用元:AFPBBNews 2017年10月19日 12:55

<img src='http://www.afpbb.com/articles/-/3147308

訪花するチョウ。ドイツ・アルバーツホーフで(2015年4月30日撮影、資料写真)。(c)AFP/DPA/Nicolas Armer

‘>

9名無しのひみつ2017-10-20 01:35:35

>>1

>昆虫を採集するために粘着トラップを使用し、バイオマス(生物量)を測定、

>その変化を長期にわたって記録した。

そんな事してたら年々減っちゃうよ><

27名無しのひみつ2017-10-20 17:54:13

>>1

ネオニコチノイドをどうして禁止しないのだろう

2夏厨2017-10-20 00:31:53

そのうち生きた昆虫を展示する昆虫園が必要になりそう。。

45名無しのひみつ2017-10-26 07:05:43

>>2

星新一の本に、

ある星で地球から行ったセールスマンがハエに殺虫剤をかけて殺したら逮捕された。

その星ではハエは絶滅危惧種で、セールスマンは地球からハエの卵を取り寄せて英雄のように扱われた。

そんな感じの話があった。

3名無しのひみつ2017-10-20 00:46:43

ワーゲンのクリーンディーゼル?

33名無しのひみつ2017-10-21 17:52:01

>>3

クリーン(意味深)

5名無しのひみつ2017-10-20 00:49:25

原因はチェルノブイリだな

11名無しのひみつ2017-10-20 03:30:33

クリーンディーゼルのおかげです。

ヒトラーはカトリックのフランス人やポーランド人、イタリア人を騙眩かすための小道具に過ぎない。

本当に悪質なのは日本に三国干渉して清国から国土を横取りした皇帝派?

30名無しのひみつ2017-10-20 20:25:32

hhttp://www.huffingtonpost.jp/2013/08/18/honey_bee_n_3776721.html

ネオニコチノイド系農薬が国産蜂蜜に残留 ミツバチへの悪影響否定できないレベルに

hhttp://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v12/n7/ネオニコチノイド系農薬の危険性をめぐる議論は次の段階に/64910/

31名無しのひみつ2017-10-20 22:19:19

>>30

モンサントの工作員の方ですか?

ネオニコチノイドは数少ない純日本開発の製品なんです

邪魔しないでくださいね

35名無しのひみつ2017-10-24 23:01:14

日本もかなり減っただろ

俺が子供の頃は赤トンボの大群がいた

36名無しのひみつ2017-10-24 23:15:58

>>35

トンボの減少は、ヤゴが生息できる水辺がへったからなのです

ヤゴって、実物を見たことがあるでしょうか?

多少汚くても問題ないですが、時々乾燥してしまうような水たまりでは生息できません

一方蚊は、時々乾燥してしまう水たまりでも成虫にまで成長できます。

トンボが群れをなしていた昔のほうが、ベトナム起源の強烈な農薬にさらされていたにもかかわらずです

トンボ、蛍、玉虫、カブトムシ、テントウムシ…

農薬などではなく、生育できる環境そのものが破壊されているのです

40名無しのひみつ2017-10-25 10:32:13

>>36

>生育できる環境そのものが破壊

まあこれだよね

理由には水田の農法が変わったてのもある

いわゆる乾田農法になって水生昆虫が軒並み激減

用水も三面コンクリート化にくわえ利用管理で定常的には流れなくなった

沢沼地も水が抜かれて本来の生息地がほとんど残ってない状態

37名無しのひみつ2017-10-24 23:36:19

それ農薬の影響は無いと言ってるの?

38名無しのひみつ2017-10-25 06:35:02

>>37

100年前と比べれば、もちろんあるでしょうが、農薬は第二次世界大戦後から使われています

50年前にはすでに、今よりもっと有害な農薬が多量に使われていました。しかし、>>35が言うように、今より多くの昆虫がいましたよ

42名無しのひみつ2017-10-25 12:29:03

>>38

ネオニコチノイドは最近だよね

39名無しのひみつ2017-10-25 10:28:40

その森で人間が何かしてんじゃね?

41名無しのひみつ2017-10-25 10:52:46

ちょっと前まで、ディーゼルの排気ガスの影響でドイツの森林地帯が枯れまくってるとか言われてからね

最近は話題にならないんだけど、30年間ならもう破壊しつくされたあとじゃない?

44名無しのひみつ2017-10-25 21:55:42

>>42

申し忘れましたが、

ニコチンは昔、ネオニコチノイドが開発されるまで、組合員ならだれでも農協で簡単に購入できる農薬でした

しかしあまりの毒性が問題となり、現在は農林水産省に販売を禁止され作物への使用は許可されません

それぐらい、ニコチンは普通に使われる農薬でしたよ

46名無しのひみつ2017-10-26 20:52:19

>>43

ネオニコチノイドの環境ホルモン的な作用が問題になっているわけでしょう

>>30

47名無しのひみつ2017-10-26 21:32:20

>>46

「ネオ」というのは「新しい」という意味です

「ニコチノイド」というのは「ニコチン類似物」という意味です

私はニコチンと書きましたが、戦前から使われている「タバコ水」という農薬は「タバコを水で煮出した液」の事です

タバコに含まれている物質は「ニコチン」だけではなくニコチン類似物質も多量に含まれています

つまり、「タバコ水」が「ニコチノイド」そのものなのです

その後、ニコチンだけを農薬として安定化した物質を「硫酸ニコチノイド」という名前で農薬登録されました

しかし、戦前から利用されていたタバコ水はニコチノイドなのです

いまさらニコチノイドをことさら有害と言い出すのは、あまりに実情を知らなすぎます

48名無しのひみつ2017-10-26 21:36:26

間違えました。

タバコ水の有効成分「ニコチン」を安定化した物質は「硫酸ニコチン」です

>>47の「硫酸ニコチノイド」は名前が間違っています

ぜひ、タバコ水と硫酸ニコチンについて、調べてみてください

49名無しのひみつ2017-10-26 22:05:31

>>47

類似物だから安全だとは限らないでしょう

ネオニコチノイドが有害であるという報告がnatureに掲載される事態なんですよ

50名無しのひみつ2017-10-26 22:09:56

>>47

>>30のリンクより

natureダイジェスト

前略

ダンディー大学(英国)でヒトとハチの神経科学を研究しているChristopher Connollyは、ネオニコチノイドがマルハナバチのニューロンの機能に有害な影響を及ぼすことを示唆する研究結果を2015年1月に発表しているが6、

その時点ですでに、農薬がハチへの脅威になっていることを確信していたと話す。ネオニコチノイド系農薬がハチに悪影響を及ぼしていることに疑問の余地はなく、科学者は、その仕組みを解明する段階に進まなければならないと彼は言う。

51名無しのひみつ2017-10-26 22:11:02

>>49

そりゃぁ、殺虫剤として開発されたのですから昆虫にとっては毒です

昆虫を「殺す」ためにつくられたのですから、昆虫が死ななければ農薬登録に認可されません

しかし、人間などの温血動物に対する毒性は非常に低い事は確認されています。

戦前から使われているのに、なぜいまになって「いきなり現れた有害物質」扱いされるのでしょうか?

52名無しのひみつ2017-10-26 22:14:38

>>50

ネオニコチノイド以外の、話題にならない「有機リン系」の殺虫剤はマルハナバチに害を与えないとでもおもっているのでしょうか?

現在も大量に使用されている有機リン系の農薬も、ちゃんとマルハナバチを殺します

なぜ、ことさらネオニコチノイドだけが「有害扱い」されるのでしょうか?

あまりに実情を知らなすぎます

53名無しのひみつ2017-10-27 01:50:08

飛行昆虫???

昆虫って飛行するものだろ。