北陸農政

1非公開@個人情報保護のため2017-06-05 12:36:50

法に反した職員が

4非公開@個人情報保護のため2017-07-14 12:46:44

>>1

52非公開@個人情報保護のため2017-12-07 12:43:42

>>1

53非公開@個人情報保護のため2017-12-12 12:40:08

>>1

54非公開@個人情報保護のため2017-12-15 12:38:24

>>1

57非公開@個人情報保護のため2018-01-09 12:45:00

>>1

5非公開@個人情報保護のため2017-07-14 17:08:32

>>4

8非公開@個人情報保護のため2017-07-14 21:41:53

9非公開@個人情報保護のため2017-07-15 06:18:50

>>8

11非公開@個人情報保護のため2017-07-15 08:04:52

12非公開@個人情報保護のため2017-07-15 10:51:34

>>11

15非公開@個人情報保護のため2017-07-15 23:26:35

16非公開@個人情報保護のため2017-07-16 09:16:30

>>15

17非公開@個人情報保護のため2017-07-16 10:15:09

>>16

19非公開@個人情報保護のため2017-07-16 21:31:28

21非公開@個人情報保護のため2017-07-17 10:12:52

m

22非公開@個人情報保護のため2017-07-17 14:36:16

>>21

24非公開@個人情報保護のため2017-07-17 15:09:20

28非公開@個人情報保護のため2017-07-17 23:03:24

「次は後ろの調教だ」

津村義雄は小夜子の白桃のような可愛い尻と、文夫の形良く引き締まった尻を

ピタピタと叩いた。

「小夜子の踊りのお師匠の静子夫人は、もうケツの穴で黒人の巨大なあれも受

け入れることが出来るそうだ。弟子の小夜子も負けずに頑張らなきゃあな」

義雄は小夜子の引きつった表情を面白そうに眺めながら話しかける。

「文夫君もそろそろ男を受け入れる訓練をしないとね。森田組のお客の中には

案外そっちが好きな向きも多いそうだよ」

義雄が、文夫の少女のように白いまろやかな双臀をなで上げる。

「おかまの男娼として、客を取ってもらうからね。何でも姉さんと一緒だから楽しいだろう」

文夫は恐怖と嫌悪、屈辱にブルッと体を震わせる。

「よ、義雄さん」

小夜子が哀願するように義雄を見つめた。

「お、お願い。弟にそんなむごい調教をするのはやめてっ。私

が弟の分も一緒に受けますからっ」

「おやおや、麗しい姉弟愛だこと」

銀子がせせら笑うようにいう。

「奴隷の分際で調教をやめてなんてことをいう権利はあらへん。

姉弟仲良くおケツの穴を広げればええんや」

義子がわめくようにいうと、銀子や朱美はどっと哄笑する。

29非公開@個人情報保護のため2017-07-18 06:40:54

>>28

31非公開@個人情報保護のため2017-07-27 12:36:46

>>29 〜 あほ

32非公開@個人情報保護のため2017-07-27 16:38:31

34非公開@個人情報保護のため2017-07-27 19:31:07

famic

35非公開@個人情報保護のため2017-07-28 07:12:39

>>34

36非公開@個人情報保護のため2017-07-28 07:46:45

>>35

37非公開@個人情報保護のため2017-07-28 12:20:12

闘鶏

45非公開@個人情報保護のため2017-10-08 14:48:07

>>37 ぼけー

38非公開@個人情報保護のため2017-07-29 02:33:30

深川図書館特殊部落

同和加配

人ボコボコぶんなぐってもOK お咎めなし

ガキどもが走り回る 見て見ぬふり

公務員による恣意行為

etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

44非公開@個人情報保護のため2017-09-25 12:39:21

>>38

46非公開@個人情報保護のため2017-10-10 19:16:56

>>45 すみません

47非公開@個人情報保護のため2017-10-27 12:29:57

>>46

48非公開@個人情報保護のため2017-10-31 12:32:39

>>47

55非公開@個人情報保護のため2017-12-19 12:33:00

>>54

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする