バカマツタケ、栽培に成功

1名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:06:36

h

奈良県森林技術センターと森林総合研究所は27日、マツタケと近縁種のバカマツタケの人工栽培に初めて成功したと発表した。バカマツタケは、マツタケと見た目や食味、

香りが似たきのこ。菌糸を培養して苗木と一緒に植え、広葉樹の多い林で発生させる。採集より安定生産が見込め、良食味を生かした有利販売ができるとして、奈良県内のきのこ農家に技術の普及を進める。

バカマツタケは全国 の広葉樹林に発生し、やや小ぶりでマツタケ程度の大きさに育つ。戦後に発見されたため知名度は低いが、食用にする。マツタケ同様、菌床栽培や人工栽培ができなかった。

開発した栽培法は培地で2カ月間、菌を培養。菌糸を砕いて土壌資材と混ぜ、苗木の根に密着させて林内に植える。苗木や林の樹種はミズナラ、コナラ、クヌギ、ウバメガシなどブナ科の広葉樹が適する。

奈良県内で2016年11月に約10本植え、菌糸などの塊「シロ」を3本で確認。17年10月にきのこ1個が発生した。シロは菌糸が定着した証拠で、今後もきのこの発生が見込める。

技術はマツタケへの 応用も期待できる。同センター森林資源課は「広葉樹を生かし、収入増加や荒廃した里山の手入 れを兼ねた栽培につなげたい」と普及に期待する。

hhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00010000-agrinews-bus_all

2名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:08:22

おじさんのマツタケが云々

11名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:17:13

>>2

エノキつってんだろいい加減にしろ

3名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:09:51

じーちゃんが若い頃は松茸は高級品ではなかったっていってたけど、ほんと?

29名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:41:14

>>3

じーちゃんの話は異次元だからなぁ

ウナギ獲っていつも喰ってたとか言ってたし。

あんなもん買うなとか言うし。

75名無しさん@涙目です。2018-02-28 13:56:02

>>3

松茸がたくさん取れる=国土が荒廃してる

だから昔の禿山か貧相な松林かって時代の方が良く採れた

6名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:12:09

バカでは名前が悪い

良い商品名つければ売れる

31名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:43:21

>>6

じゃあマツタケver.Kaで(´・ω・`)

16名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:27:58

きのこって品種交配とかできないのかしら?マツタケとバカマツタケの交配でいいとこ取りの品種ができるかもしれんよね?

27名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:37:28

>>16

きのこって植物じゃなくて正確には菌類だから

優勢品種の選りすぐりは出来ても交配って無理じゃね?たぶん

17名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:29:07

うちには趣味で椎茸栽培もやってた爺さんの代から松茸の栽培方が記された秘伝のノートあるわ

譲り受けて読んだら椎茸の栽培方が事細かく書き込んであった

25名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:35:14

>>17

大金持ちになれるじゃん

26名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:35:20

>>17

椎茸と松茸の区別がつかなくなってたんだな

32名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:45:36

>>25

>>26

松茸なんて食卓に出たこと無いからたぶんふざけてノートの表紙に書いたんだと思うけど

「松茸の栽培方 秘伝(赤丸)」と書かれたノートを見付けた時のワクワクを返してほしいわw

33名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:49:56

>>27

世の中にはシイタケとマツタケを交配させた融合マツタケっての売ろうとしてる詐欺したちがいましてね

今は松きのこって商品名だったか

28名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:40:57

このキノコ世間にしられたくないのだが、、

54名無しさん@涙目です。2018-02-28 11:11:57

>>29

木更津住みだがうなぎは近所の川で今でも釣れる

61名無しさん@涙目です。2018-02-28 11:51:19

>>31

面白い!

79名無しさん@涙目です。2018-02-28 14:33:39

>>31

ワロタ

42名無しさん@涙目です。2018-02-28 10:08:46

>>32

茶目っ気のあるじいさんだなあ

36名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:53:29

バカマツタケvsバフンウニ

37名無しさん@涙目です。2018-02-28 09:58:46

爆発的なブームが来て冷めて業者が死ぬパターン

41名無しさん@涙目です。2018-02-28 10:08:12

>>37

回転寿司のアカマンボウみたいに松茸の代替えとして使われるんじゃねえの

松茸の近縁種で風味も近いらしいし

48名無しさん@涙目です。2018-02-28 10:42:14

Wiki参照

>>バカマツタケ(馬鹿松茸)、

>>学名 Tricholoma bakamatsutake はハラタケ目キシメジ科のキノコ。

>>マツタケに酷似するが、松林ではなく雑木林に生えることや、

>>やや発生時期も早いので馬鹿なマツタケということからこの名がある。

89名無しさん@涙目です。2018-02-28 16:13:38

>>48

バカというよりはむしろ繁殖力旺盛な優秀な菌だよな

49名無しさん@涙目です。2018-02-28 10:58:16

これと松茸の中間種を作れば松茸と同じ味、匂いでバカマツタケ並みに栽培が容易なものができるかも。

そうなると椎茸並みに安くなるかもな。

73名無しさん@涙目です。2018-02-28 13:46:09

「ナラマツタケ」くらいでどうよ。奈良県だし。

76名無しさん@涙目です。2018-02-28 14:10:35

>>75

北朝鮮が松茸の産地になってるのはそういう訳か

95名無しさん@涙目です。2018-02-28 20:25:02

(´・ω・`)私のバカマツタケはいつまでたってもヤンチャで困ります

(\∩ノ)

しωJ

96名無しさん@涙目です。2018-02-28 20:26:41

>>95

そのエノキしまえよ

98名無しさん@涙目です。2018-02-28 20:34:46

キノコに関してはもっと安定して生産できるようになってから発表すべきと思うんだよな

他の栽培作物なら挿し木でも接ぎ木でもしてすぐに増やせるけどもこんなのまだ博打の段階じゃんか

102名無しさん@涙目です。2018-03-01 07:02:45

>>98

いずれナラの木で培養してからマツに定着させるみたいな方法でなんとかできるといいなあ

108名無しさん@涙目です。2018-03-02 20:09:25

松茸は菌糸の培養まではできているのだ

子実体の発生ができていない。

おそらく松の根から出る成分がトリガーになっているのだと思う。

松の木を水耕栽培して、水耕液を菌子にかけてみたらどうか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする